薄毛は髪の毛が薄くなる症状のことで放置すると毛がなくなってしまう可能性があります。このため早めの薄毛治療が重要になります。薄毛治療の種類はさまざまですが、多くの病院やクリニックで行われているのが外用薬や内服薬を用いた投薬治療です。そもそも薄毛になる原因としてはストレスやホルモンバランスの異常、頭皮環境などの悪化が考えられています。

そのため投薬治療では、これらの原因を取り除くための成分が含まれた薬が処方されます。一般的な薄毛治療薬としては外用薬としてはミノキシジルがあります。ミノキシジルは継続的に塗布することで毛根細胞を活性化させ発毛させる機能があります。一方で内服薬としてはプロペシアがあり、こちらは発毛を阻害するホルモンを発生させないようにするための薬です。

プロペシア自体に発毛する機能はありませんが、多くの場合には発毛を阻害するホルモンを抑えることで発毛効果を得ることができるとされています。これらの治療では病院やクリニックで行われているもので、どこでも受けられる治療法になります。一方で最近は新しい薄毛治療法として再生医療を応用したHARG療法があります。HARG療法では最先端の毛髪再生治療で、認定を受けた医療機関でしか受けることができないものです。

この治療法では、ダイレクトに頭皮へ成長因子を注入するもので投薬治療以上に高い発毛率がある方法です。また成長因子を注入する方式であり投薬治療よりも副作用が少ないメリットがあります。