尖圭コンジローマは治りにくい病気であるから、一度かかったら二度と治らないのではないかと不安視する人もいますが、治らないということはありません。ただしかかった人の4人の1人が再発する可能性がある為、定期的に治療を受け、再発に備えておくことが必要です。特に横浜周辺では医療機関が多数存在している為、正しい治療や経過観察を行う事で、再発対策を素早く行えます。尖圭コンジローマの治療方法としては、塗り薬によって定期的に薬を塗る治療方法と、外科手術によって患部を取り除く治療方法の2つです。

現在どれくらいの状態か、どれくらいのいぼがあるか、形や副作用、患者が外科手術を希望するかどうかによって治療を受けられるかどうかが決まります。塗り薬の場合、世界中で多く処方されている尖圭コンジローマの治療薬があり、ほとんどの場合処方される可能性が高いです。ウイルス増殖の抑制・消滅効果が高く、傷跡が残ることや再発率が低いとされています。患者自らが週3回患部に塗って10時間以内に石鹸で薬を洗い流す方法を採用している為、忘れないように塗って洗い流すことが必要です。

ただし副作用として皮膚のかぶれがあげられています。粘膜へ塗ることは禁止されている為、事前に横浜市内の医師の診察を受けて副作用にならないよう治療を受けることが必要です。外科手術の場合、液体窒素で凍らせて小さくする方法・レーザーで焼き切る方法、外科手術で患部全てを取り除く方法があります。塗り薬は時間がかかる為、早く治しいと考えている人に最適です。

特に妊娠中に感染がわかった場合は、早目に手術を受けるかどうか、医師と相談してください。横浜市内の医師は多数の症例を治療した経験がある為、安心して治療を受けられます。