20代の男女を中心に感染が多く、あらゆる性行為が感染原因とされている尖圭コンジローマは、正規の周辺全体的にいぼができてしまう病気です。あらゆる性行為とその類似行為によって感染する為、性行為には注意が必要といわれています。避妊具を使用していれば問題ないのではないかと考える人もいますが、尖圭コンジローマは避妊具をしていても感染する可能性が高いです。ウイルスを保有している人と性行為をした人のうち3人に2人はウイルスに感染するという感染力の高さで、感染から3週間から8か月たたないと発症しないことから、誰が感染していたのかを明らかにしにくいのが問題といわれています。

一般的には尖圭コンジローマが発症する人は3パーセントといわれており、感染しても自己免疫力によって排除される可能性が高いです。ただし、糖尿病などを患っていて抵抗力が低い人、ストレスがたまっていて免疫力が低下している人はかかる危険性が高いといいます。更に、パートナーが発症している人の場合も同様です。自分が発症する危険性があると考えられる為、定期的な検査が必要とされています。

横浜の医療機関では早目に受診して早目に完治させることを目的として、尖圭コンジローマが医療機関で検査できるように配慮しているのがポイントです。また、横浜市周辺でプライバシーに配慮した医療機関があるため、検査の上でも周囲に知られずに受けることができます。横浜市周辺で治療を受けたいと考えている人がいれば、早目に相談したほうがいいでしょう。