コンジローマは性感染症の一種です。発症しやすいのは20歳代の若年層の男女に多いですので、横浜近郊にお住まいの方はもし感染してしまったら、横浜近郊にある病院で診てもらうとよいでしょう。女性の場合は横浜にある産婦人科や男性の場合は泌尿器科で診療、治療を受けることが可能です。最近では性病などデリケートな病気を専門的に診てくれるプライベートケアクリニックが横浜にあります。

コンジローマは外陰部などにヒトパピローマウイルスが感染し、鶏のとさかのような紅色や褐色のイボが発症します。性行為をする場合は、不特定多数の相手と行うのではなく、特定のパートナーと行った方がよいですし、コンドームを使用するなどして感染を予防することが出来ます。コンジローマの治療は塗り薬や幹線部のイボを焼く方法がありますが、完全にウイルスを排除することは出来ません。再発を繰り返すことになりますので、コンジローマに掛からないように普段から性行為をする際は、注意をした方がよいです。

コンジローマの中には、がん化する可能性があるものもありますので、外陰部のイボを発見した場合は早めに横浜にある医療機関を受診した方がよいでしょう。女性の場合は、外陰部の違和感やおりものの増加という症状が出てくることもありますし、自分では見えにくい位置にイボが出現することがありますので、発見が遅れてしまうこともあるかもしれません。妊婦が感染すると赤ちゃんに感染する場合がありますので、すぐに産婦人科の医師に相談をした方がよいです。