新宿ではメンズクリニックや泌尿器科など、色々なところで包茎手術を受けることができます。そしていずれの場合でも、注意しなければならないポイントはあまり変わりません。まずは大抵の場合で自費診療になることを覚えておきましょう。特に自力で包皮を剥くことができる仮性包茎は、健康面でも大きな問題になることはほとんどありません。

包茎手術を受ける目的としても、見た目を改善したり、性交渉でより満足したいといった理由になるでしょう。そのため数万円程度の費用は用意しておいた方が良いです。ただ包皮が亀頭をすっぽりと覆ってしまっている真性包茎や、窄まった包皮の口が亀頭やその根元を圧迫しているカントン包茎の場合は、性器を圧迫したり菌が繁殖するなどで健康に悪影響を及ぼしかねません。そのため新宿で包茎手術を受ける際には、保険が適用されることもあります。

ただ保険が適用される場合は、あくまでも健康面で問題がない最低限の治療しか行われません。したがって感度が高い組織を切り取られてしまって刺激を受けにくくなったり、見た目を重視しないことからいわゆるツートンカラーになってしまうといった結果になる可能性があります。もしそういった結果が嫌であれば、多少費用を支払っても自費診療扱いにした方が良いかもしれません。日本の中心とも言える新宿には数多くのクリニックがあり、それぞれ高い技術力を持っています。

そのため予算の問題さえ解決できれば、患者の細かい希望に応えることもできるでしょう。