男性器は子どもの頃は包皮が亀頭を覆っている形で、成長するに連れて亀頭が剥き出しになっていきます。しかしその過程で包皮が余ってしまったり、亀頭が小さいままだと、完全に剥き出しにはならない包茎になります。そんな包茎には複数の種類があり、比較的問題が少ないのは自分で包皮を剥くことができる仮性包茎です。スムーズな性行為を行うためには亀頭が剥き出しになっていることが望ましいですが、道具で固定することもできるのでトラブルになりにくいです。

それに対して亀頭が完全に覆われてしまう真性包茎は、先の方がしっかりと窄まった状態になっています。そのため自力で剥くことが困難で、性行為が満足に行えない可能性が高いです。さらに亀頭と包皮の間に垢が溜まり、それが菌の温床になりかねません。そうすると増殖した菌が尿道を伝って体内に入るなどのトラブルに発展する恐れがあります。

そのため新宿で真性包茎になっている場合は、可能な限り早めに包茎手術を受けた方が良いでしょう。真性包茎手術は、基本的には亀頭を覆っている包皮を切除する内容となります。仮性包茎手術だと健康に悪影響を及ぼすリスクは低いため、新宿でもほぼ全てのクリニックが自費診療扱いにしているでしょう。けれど真性包茎手術は、保険が適用できることがあり、費用を大幅に抑えられます。

新宿では男性器専門のクリニックの他に、形成外科なども対応しているため、探してみると良いでしょう。