病院で長期間、薄毛の治療をしてきたけど思うように効果を得られなかった人で「植毛」という手段を選択する人が増えています植毛は医療行為となり外科手術で行われるため、美容外科などの病院で施術を受けることができます。病院によって方法に多少の違いがありますが、主に薄毛が気になる場所の頭皮の毛穴の1つずつに薄毛になりにくい後頭部などの毛か、もしくは人工の毛を植え付けていく方法です。増毛は薄毛が気になっている場所に毛が残っていないと施術ができませんが、植毛は頭皮に1本も毛が残っていなくても行うことができます。そして半年程度で植え付けた毛が定着できれば自分の毛が増えたことになり、見た目も自然で思うようにヘアスタイルを楽しめるのが最大のメリットです。

しかし植毛にはいくつかのデメリットもあります。まず、一度に広範囲の施術ができるわけではないの全てが完了するまではかつらなどで隠す必要もあります。また施術は麻酔をして施術を行われるためリスクがゼロというわけではなく、また植え付けた毛が頭皮に合わずに拒否反応を起こしたり、化膿してしまう可能性もあるようです。更に費用については保険が適用されないため広範囲に施術を行うと100万円を超えることもあるなど、他の薄毛の治療方法と比べて初期費用が最も高額になります。

しかし増毛のように施術後のメンテナンスはいりません。これらの点を踏まえて自分に合った薄毛の治療方法をみつけるようにしましょう。