包茎手術を行うときには、経験豊富な横浜のクリニックに相談すると良いです。一般的に、包茎手術では手術を行っているときの配慮に加えてアフターケアも大切になります。患者の中には、後遺症的に包茎手術後の状態が悪くなってしまうケースもあります。痛みが生じたり、腫れてしまったりするケースもあるのでこういったことにならないようにするためにも、きちんと実績のある横浜のクリニックを利用するのが賢明です。

元々、包茎手術については症状によってはきちんと保険の適用があるものなので安心して治療ができるものです。本来、こういった本人のコンプレックスに近い症状を治療するときには、保険診療の対象とはなりません。コンプレックスは身体的に治療が必要な病気ではなく、本人の自己満足によって改善していくものであると考えられているからです。しかし、真性包茎に関しては全く別です。

医学的な観点からも、他の病気を誘発しやすい上に、他の人にも病気を移してしまうリスクが高くなるからです。こういった、真性包茎を治療するための治療にはいくつかの方法が存在します。代表的なものでは、亀頭を覆っている包皮を縫い付けて、亀頭を露出させるようにすることです。こういった方法を利用するときには、手術を行った後にも糸を抜いて状態を保存しなくてはいけません。

横浜のクリニックでは、こういった包茎手術に慣れていますので痛みを最小限にしながら最善の治療を行ってくれます。