• 建築家も自立立体駐車場についての知識を持つ事が大切

    建築家として大きく成長するのであれば自立立体駐車場について知識を持つ事は避けて通る事が出来ないとも言われています。

    自立立体駐車場関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

    すべての事を一人で行うのには無理があるので、専門的な部分は専門家に依頼する形になりますが、丸投げしてしまえば建築家としてのメリットは薄くなる、助言が出来る事が建築家には必要だとも言います。自立立体駐車場はステップ式やフラット式、連続傾床式などの3つの種類がある事、それぞれの特徴を把握する、どのような建築物に最適なものであるのかを知るなども重要です。



    マンションやショッピングセンターなどの場合、初心者マークや若葉マークを付けた人も自家用車を駐車するために訪れます。

    自動車の運転をある程度行っていても、自分は駐車場に車を入れるのが得意ではないと感じている人もいるわけです。

    自立立体駐車場の中でも駐車しやすいのはフラット式と言われています。



    その反面、駐車スペースの確保においては他のタイプよりも劣ってしまうなど、それぞれの駐車場の長所および短所をしっかりと把握しておく必要があります。

    また、自立立体駐車場を計画する中では駐車場法と呼ぶ法律についても知識を持っておくのがお勧めです。

    駐車場法に該当するケースでは敷地が接している道路幅、車路の幅、スロープの勾配などに制約が掛かる事になります。


    制約によりクライアントが求める収容台数を満たす事が出来なくなるのでは困ります。そのため、計画する自立立体駐車場が駐車場法に該当するのか否かを確認するなどが重要になって来るわけです。