• 立体駐車場はどのタイプが便利か

    立体駐車場を選ぶときの基準に土地の広さがあり、狭い土地面積に最大限に車を収容できるようにしたいのであれば機械式が適しています。

    しかし、デメリットもあるので特徴を理解しておくと良いでしょう。

    立体駐車場の情報が詰まったサイトです。

    土地のない集合住宅やオフィスで機械式の立体駐車場を導入する場合には平置きに3段程度の小型のものを並べる方式ではなく、1つの出入口で多数の車を扱う大型のものになります。


    これは使用中の人がいると終わるまで待たされることがデメリットです。



    近年は頻繁に使う車は内部ですぐに出せる位置に配置できるものもあるため、特定の利用者しか使わない場合は待ち時間が軽減されますが、不特定の人が利用するのであればこの制御ができません。機械式ではメンテナンスをしないと故障で全ての車が使えなくなるので維持費がかかります。

    入出庫の頻度の多い商業施設で導入すると機械の稼働が激しくなるので劣化速度も速くなり、メンテナンスしても故障しやすくなるので向いていません。また、利用者が減ってもメンテナンス費用が安くならないことも考慮が必要です。


    ある程度の土地があれば自走式の立体駐車場にした方が良いでしょう。



    機械を使わないので待たされず、メンテナンスしなくて良いので維持費が安いです。
    利用者が多くてもそれが原因で設備が劣化して使えなくなってしまうこともないので使いやすくなります。
    デメリットは車を走らせるスペースが必要なので駐車効率が悪くなり、狭すぎる土地では導入が困難です。