糖尿病になると、病気の影響で包茎になると知っていましたか。糖尿病性包茎と呼ばれ、病気によって発症する症状の一つとして知られています。病気により細菌に対する抵抗力が低下し、包皮や亀頭部分に炎症が起こりやすくなるため、包皮と亀頭が癒着してしまう可能性が高いからです。癒着が進むと包皮の締め付けによって包茎になり、剥けにくくなってしまいます。

今まで仮性包茎で特に問題がなかった人でも病気になる事でむけにくくなり、結果として真性やカントン包茎になってしまう可能性が高いです。剥けにくくなった結果、包茎が進行してひどいときには壊死してしまう可能性もあります。もし症状を自覚したら、なるべく早く医療機関を受診しましょう。医療機関によっては病気の状態に関するデータを提出しなければならない可能性や、病気の状態を経過観察しながら包茎手術をしなければならない場合もあります。

また医療機関の中には技術力がないからと、包茎手術を断る可能性も高いです。糖尿病の病状が小康状態であれば、無理なく手術を受けられます。しかし、その後の経過観察は慎重に行わなければなりません。適切に治療ができるためには、手術を受けた後に細菌が入らないように細心の注意が必要です。

注意しながら治療を行うために、医療機関を受診する頻度が高くなる事も理解してから、手術しましょう。糖尿病患者の包茎手術の症例数が多い医療機関で種々と受けることで、安心して経過観察をすることができます。