自毛植毛を考えているという場合、そのメリットやデメリットについても知っておくと良いでしょう。自毛植毛を受けることにより、移植した部分から半永久的に毛髪が生えてくるというメリットがあります。施術には高度な医療技術が必要となるため、どのように行われているのかについて知りたいという場合、カウンセリングで医師としっかり相談しましょう。植毛では遺伝子的に抜け落ちない後頭部や側頭部などの髪を使用するため、一生生え続けることはもちろん、再び薄毛になってしまう可能性はほとんどありません。

つまりこの手術を受けることで根本から薄毛の悩みを解消できるのです。移植された自毛は周りの毛と同じサイクルで活動するようになりますし、仕上がりが自然になるという特徴もあります。植毛には人工毛植毛と自毛植毛があるため、どちらが良いのか迷っている人もいるかもしれません。人工毛植毛は異物を頭皮に植え付けるため、拒否反応などのトラブルが発生する可能性があります。

しかし、自毛植毛は自身の髪の毛を移植するため、拒否反応などの心配はありませんし、移植してしっかり定着した後は、自身の髪の毛として自然に扱うことができるのです。また、最新の手術では毛髪1本1本を移植していくことになるのですが、それによってさまざまなヘアスタイルを楽しむことができます。ちなみに、人工植毛よりも費用が高額になってしまうというデメリットもあるため、クリニックごとの料金をしっかり調べておくと良いでしょう。